コンサルタントに恵まれなかったら

転職エージェントに登録すると自分の担当のコンサルタントがついてくれます。

コンサルタントは求人情報の紹介だけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方、面接の仕方までアドバイスしてくれますし、企業の情報も教えてくれます。

また自分ではできない会社との交渉もしてくれます。転職のスタートから転職のゴールまでよきパートナーでありたいものです。

でもコンサルタントにも色々な人がいますし、不幸にしてあまり相性がよくないコンサルタントにあたってしまうこともあるでしょう。また、頼りない、信頼できない、など不安を感じることもあるかもしれません。

一方で、コンサルタントが悪い、と決めつけていることはないでしょうか?

自分自身がコンサルタントに言われたことを守らなかった、約束の時間に遅刻した、連絡をしなかった、などがあったりすれば、コンサルタント側の方からの信頼も失ってしまいます。エージェントの信頼を失うと本来の転職活動もうまくいくことはありません。

コンサルタントも親身になってくれているのですから、それに応えられるように自分自身も気を付けましょう。

また、中には相性の問題だけでなく人間的に信頼のおけないコンサルタントもいます。

自分の仕事の実績だけを考えて、転職を望む人の意向を無視しどんな人材でも受け入れてしまうようなブラックまがいの企業を紹介したり、離職率の高い不人気企業を紹介したりするコンサルタントもいます。

そうした場合はコンサルタントを変更してもらうこともできます。逆に変更してくれなかったり、変更した人も同じような対応だったりする場合はそのエージェントの利用は辞めた方がよいでしょう。

別のエージェントに登録し直すという方法もあります。

コンサルタントの問題だけでなく、複数登録している方はたくさんいらっしゃいます。

そのエージェントによって情報量も違いますし、求人件数、取引企業も違っているので複数の利用もメリットはたくさんあります。