転職エージェントを利用しての転職活動の流れ

実際に転職エージェントを通して転職活動をするときには、どのような流れになっているのでしょうか。

多くの転職エージェントではオンラインサイトを通じて登録やデータの確認などができるようになっていますから、まずは大手転職エージェントなど利用したい転職エージェントのサイトにアクセスし、必要事項を入力して利用登録をおこないます。

転職エージェントの担当者となるキャリアアドバイザーが決まったら、まずは担当アドバイザーと今後の転職活動について詳しく話し合いをおこなうことになります。

可能であれば直接会って面談をおこなえる転職エージェントもありますが、仕事で忙しかったり遠方に住んでいたりして面談が難しい場合は、チャットやメール、電話などでの聞き取りがおこなわれ、今後の活動方針を決めていきます。

転職の条件や希望が整ったら担当アドバイザーから求人情報の斡旋があり、気になるものがあればエントリーし、履歴書や職務経歴書などの必要書類を作成します。

必要書類の作成方法や書き方、書いた方がいい内容なども担当アドバイザーがていねいに指導してくれるので、わからないことがあればどんどん質問してアドバイスをもらいましょう。

徹底的に活用せよ!

必要書類は転職エージェントを通して応募先の企業に提出され、書類審査が通れば採用面接へと進むことになります。

採用面接の日時なども転職エージェントの担当アドバイザーが調整してくれるので、面接可能な日時を伝えておくようにします。

採用面接の前には、面接試験の練習をしてくれるサービスのある転職エージェントもあります。

元人事担当者など経験豊富なスタッフや担当者が本当の採用面接試験さながらに練習してくれるので、実際の採用面接のときにもしっかり練習を活かすことができそうですね。

採用試験に合格できれば内定をもらえることになり、ひとまず転職活動は終了です。

20代前半の、いわゆる第二新卒は特に転職エージェントの活用は転職成功の必須条件とも言えます。なぜなら一般公開されている求人情報の数がほんとうに少ないから。

厚労省も若い世代の就職には力を入れています。
新卒者・既卒者の支援を強化します(厚生労働省)」
国もがんばってくれているので、エージェントを徹底活用してなんとして転職活動を成功させたい物ですね!

転職エージェントによっては会社の円満な辞め方のアドバイスや、新しい職場でのトラブルが起らないようしばらくサポートしてくれるところもあります。